Nikov’s blog

思考の整理 @NyoVh7fiap

児童相談所を叩いていいという社会の風潮が、いま子育てに悩んでいる親を追い詰める。

千葉の虐待死では、児童相談所の対応について多くのメディアが取り上げている。

 

児童相談所の人員不足、組織の問題として取り上げているところがある一方で、多くが児童相談所の対応の不備を正義の鉄槌によって叩く論調がある。

 

もちろん、失われるはずではなかった尊い命が亡くなったことは、児童相談所にも責任はある。

対応が問題なかったとは言い切れない。

 

しかし、児童相談所を叩いていいという社会の風潮が、現にいま子育てに不安を抱え、困っている親を追い詰めることになる。

 

児童相談所を叩く論調の中には、児童相談所の権限強化、警察とのより強い連携、強権力による介入を強めるべきという意見も散見される。

 

果たして、本当にそれで虐待死が防げるのだろうか。

児童相談所が強制的介入を強めることが、本当に虐待の抑止力になるだろうか。

 

私はその点について、懐疑的である。

 

むしろ、社会が児童相談所を叩き、虐待を叩くことが、いま子育てに困っている親、子どもを叩いてしまいそうな親、もしくはすでに叩いてしまった親が、社会からの断罪を恐れて、事前に相談する機会を奪ってしまわないだろうか。

 

センセーショナルに報道される虐待死事件は、児童虐待のごく一部分でしかない。

ほとんどの「児童虐待」と言われる行為をする親は、子育てに悩み、自分の人生に悩み、どこにも助けを求めることもできずに、家庭やひとりで抱え込み、どうすることもできずに、「児童虐待」に至る場合が多い。

もしくは、愛情の意味を履き違えて、伝え方がわからず、自分の間違った価値観を子どもに押し付ける場合もある。

(児童虐待を肯定しているわけではない)

 

なんとか子育てをしようとして、もしくは躾けようとして、ただその方法がわからず、結果的に「児童虐待」に至る。

 

語弊を恐れずにあえていうが、メディアで報道されるような「児童虐待親」と実際の「児童虐待をしてしまう親」には、イメージの乖離がある。

もちろん、一部の非人道的な親はたしかに存在するし、報道で取り上げられるようなケースはそういったケースが多いだろう。

それは、司法の枠組みにおいて裁かれるべきという意見には異論はない。

 

一方で、大半の「児童虐待してしまう親」は、社会によって断罪され、責められることを非常に恐れている。

 

児童相談所は、警察や裁判所のように、逮捕したり裁いたりする機関ではない。

 

あくまで、 児童"相談"所  なのである。

 

児童虐待は、密室育児、夫婦関係不和やDV関係、シングル家庭、ステップファミリー、望まない出産、貧困、親の生育歴や養育観、子どもの発達や障害、周りの無理解、孤立、支援者不信…色々なリスク要因が重なって起こる。

その構造は決して単純ではない。

 

子育てに悩んで、叩きそうになった、叩いてしまった親が、断罪されることを恐れず、取り返しがつかないことになる前に、児童相談所に相談できる土壌は、社会の空気によって醸成されると思う。

 

児童虐待の予防で効果的なのは、児童虐待が起こる前に、適切な支援者に繋がることである。

そういう意味では、いまもなお、大きな事件になるまえに、子どもや親と関わり、支援を通じて、防いだ児童虐待もある。

それらが報道されるようなことはもちろんない。

 

児童相談所の人員不足、余裕のない職場、経験の少なさや若手が育たない組織の問題、真面目な人ほど潰れてしまうような環境は変えないといけない。

 

ただ、社会が、子育てに対して、子育てに困っている親に対して、家族に真摯に向き合う支援者に対して、少しでも理解のある視線を送ることが、巡り巡って、児童虐待の抑止になる。

 

完璧な親なんてどこにもいない。

 

誰もが悩み、苦しみ、ときには失敗しながら、子どもと共に成長していく。

 

親が支えられることが、子どもにとっての支えになり、適切な支えがあれば、未然に防げる虐待はたしかにある。