Nikov’s blog

思考の整理 @NyoVh7fiap

マジョリティとマイノリティの非対称性について

小室哲哉の引退会見を見て感じた違和感。

 

小室哲哉の引退会見への反応は、介護の大変さ故に精神的な支えは必要という点で、比較的緩やかだったように思う。(僕の観測する範囲では)

 

しかし、もし、これが夫の介護をする女性芸能人が不貞行為を行った場合、社会の反応はどうだっただろうか。

もっと糾弾されていたのではないだろうか。

 

実際に、女性芸能人の不貞行為は男性のそれよりも、社会の反応は厳しい。

 

その背景には、マジョリティ(ここでは男性)とマイノリティ(ここでは女性)の非対称性がある。

 

今回の件で言えば、女性の役割である介護を請け負う夫(男性)が、精神的な支えを必要として不貞行為を成すのは仕方がないという視点である。

 

男性と女性に限らず、マジョリティとマイノリティの非対称性はいたるところに存在する。

 

マイノリティが声をあげるだけでは社会は変わらない。

介護、育児などケアの問題に限らず、社会問題についてマジョリティこそ問題提起をしていく必要がある。