読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikov’s blog

思考の整理 @NyoVh7fiap

「保育の専門性」とは -保育園の理事長先生の言葉から-

娘の通う保育園の理事長先生の言葉の抜粋です。

以下「」は理事長先生の言葉です。

保育園は誰のためにあるのか

「保育園は、親が働くために預ける場所ではない。

子どもが、自分の成長のために、自ら通ってくるところです。」


「入園したとき、子どもたちは必ず泣く。

『いずれ諦めて泣かなくなる』

というのは子どもたちに対してとても失礼。

子どもたちは、自ら保育園の環境に適応していった結果、泣かなくなる。」



子どもたちの自主性とは


「園では子どもたちの自主性を大事にします。

子どもたちは、好きなときに好きな場所で、遊びたい友達と遊んでいます。

子どもたちが、『自分で選択ができる』、『自分の選択が尊重される経験』が自主性を育みます。

ただ、『自主性』とは、自分の好きなことばかりしていいわけではありません。

新しいこと、苦手なことにも挑戦してもらいます。

ただし、大人による『管理』や『強制』ではさせません。

信頼できる人と、安心した環境があれば、子どもたちは自ら挑戦しようとします。

苦手なことも、

『この人が言うなら、挑戦してみようかな』

と子どもたちに思わせることが、保育士の役割です。」



自分の気持ちを尊重される経験を積めば、他者の気持ちを尊重できるようになる。


「子どもたちは、自分の気持ちが尊重される経験を積めば、他者の気持ちを尊重する力をつけていきます。」


運動会のあり方について


娘の保育園の運動会は、5歳児クラスの子どもたちが、運動会の運営(用具係やゴールテープ係、笛係、年少児さんのお手伝いなどなど)を、保育士さんたちと一緒にする。
イヤイヤやらされている表情の子はいない。

『自分たちでつくりあげる運動会だ!』
と言わんばかりに、みんな誇らしげな表情をしている。

理事長先生は、
「運動会は、『大人に与えられたものをこなす』のではなく、『自分たちで作りあげるんだ』という気持ちが、主体性、責任感、達成感、連帯感を育む。」と。

実際に運動会をみたら、それを見事に証明している。


保育は科学


「保育は科学。子どもの行動には必ず理由がある。
それを紐解いていくのが、私たち保育士の役割。
保育士の子どもたちへの関わりには、必ず根拠があります。

そして、保育士には説明責任がある。
なぜ、このような保育をするのか、その先に何を目指しているのか、子どもひとりひとりに対して、明確な目標と保育の根拠を、説明できなければいけません。

だから保育士は、専門的な知識と経験の積み重ねが必要なのです。」