Nikov’s blog

思考の整理 @NyoVh7fiap

「社会が障害に適応していく」という視点。

発達障害は、生まれつき持っている発達の特性や偏りと、育ちの環境の中での、不適応行動や困り感から、診断がなされる。 発達障害等の「診断」を出せるのは医者のみです。心理検査(発達検査、知能検査)で、わかるのは、発達指数or知能指数、発達の特性や偏り…

「許し」という美徳

パワハラ、モラハラ、セクハラ、DV、いじめ、児童虐待…社会にはさまざまな抑圧がはびこっている。 自分が被害に合っているという自覚がないこともある。 むしろ、被害に合っているにもかかわらず、自分を責めてしまう場合もある。 モラハラ気質の人と過ごし…

共働き子育て「フルタイム定時退社+フルタイム時短」と「フルタイム激務+パート勤務」どちらも経験した結果

妻と2人で、もうすぐ4歳になる長女を、共働きで子育てをしています。 以前の職場は、自分がフルタイム定時退社、妻がフルタイム時短で、2年間。 現在は、自分がフルタイム激務、妻がパート勤務で、1年間。 この2つのパターンで、共働き子育てを経験してきて…

「自分を大切にする」ということ

2016年の2月、育児と仕事に追われ、心のバランスを崩した。 以降、心療内科にお世話になっている。 今も抗うつ剤と抗不安薬(頓服で睡眠導入剤)を欠かせない生活になった。 飲み忘れると、文字通り、使い物にならなくなる。 頭の回路がトンチンカンな状態にな…

無自覚な「差別意識」と「排除思想」

最近TLで、 「保育園に預ける親は罪悪感を覚えるべき」 という意見について、論争が起きている。 また、長谷川豊の「自堕落な透析患者は自己責任」発言が炎上した。 「申し訳なく思っている」もしくは、「努力している」被援助者は、「救ってあげてもいい」…

三歳児神話は、あくまで神話でしかない

保育園に子どもを預けて、子育てをしていると、しばしばこのようなことを言われる。 「0歳から保育園なんて子どもがかわいそう」 「3歳まではお母さんと一緒のほうがいい」 「そこまでして働く必要あるの?」 あげくのはてには 「保育園育ちの子は、問題行動…

高畑容疑者と発達障害

強姦致傷事件を起こした高畑容疑者。 ネットで「高畑容疑者 発達障害」で検索すると、 「高畑容疑者は、発達障害では⁉︎」 「奇行は発達障害だからか⁉︎」 「幼少時からの気になるエピソード!」 といった記事やブログが散見される。 一部メディアでも報道され…

「褒める」と「叱る」

福祉専門職として、障害児者の方や、様々な課題を抱えた子どもたちと関わってきた経験、そして、3歳の娘を持つ父親として、「褒めること」と、「叱ること」について整理したいと思います。 1.褒める。 育児書など子育ての指南書には、必ずといっていいほど、…

「保育の専門性」とは -保育園の理事長先生の言葉から-

娘の通う保育園の理事長先生の言葉の抜粋です。以下「」は理事長先生の言葉です。保育園は誰のためにあるのか「保育園は、親が働くために預ける場所ではない。子どもが、自分の成長のために、自ら通ってくるところです。」「入園したとき、子どもたちは必ず…

僕が育児うつになりかけてわかったこと。

原因不明のめまいやふらつき、吐き気、頭痛が続いていたので、人生で初めて心療内科を受診しました。原因不明のめまい、吐き気、ふらつき、首コリ、頭痛などが続いてるので人生で初めて心療内科を受診した。軽いうつ状態と自律神経失調症で、精神が破綻しか…